AMATERAS RAY wiki

相関ヒートマップの作成

1.ヒートマップとは

相関ヒートマップとは、各特徴量間の相関係数をヒートマップの形で表示する機能です。 相関ヒートマップを作成するにはまず、データ読み込み画面のヒートマップと書かれたボタンをクリックします。

2.確認

プロジェクト内で初めてヒートマップを作成する場合、左のようなポップアップが表示されます。 「OK」をクリックしてください。

3.作成開始

ヒートマップの作成が開始されます。 進捗を確認する場合は画面左上の更新ボタンをクリックしてください。

4.表示

作成が完了すると、ヒートマップ画面に遷移します。 右にある大きな表が「相関ヒートマップ」です。 目的変数は最上位に表示されます。 列と行が交わったところに表示されている数値が、相関係数です。全ての説明変数と目的変数について、総当たりで表示されます。 画面の左側の部分が「目的変数との相関係数ランキング」です。 相関ヒートマップの作成は以上で完了です。